『Techno Farm™』エジソン賞金賞受賞 イノベーション 持続可能農業 フードインフラ 研究開発 ビジネス テクノロジー パートナーシップ 事業戦略 アプローチ 環境・資源 CSR 農業へのこだわり 商品紹介 自動化植物工場について アースサイド
ホームアプローチ環境・資源

環境・資源

環境・資源

私たちは食料の安定供給を実現しながら、環境、資源の保全に取り組んでいます。

スプレッドの取り組み

CO2排出量の削減

地産地消を推進し、フードマイレージの縮小化を図っています。


農薬被害ゼロ

閉鎖された植物工場で水耕栽培を行うため、病害虫や雑草の心配がありません。そのため、栽培期間中は農薬を使う必要がなく、水や土壌の汚染を防ぎ、微生物や昆虫などの生態系バランスを保つことが可能です。


水資源のリサイクル

工場内で栽培に使用した水はろ過・殺菌後、再び養液としてリサイクル利用します。『Techno Farm™』では、さらにその水の98%をリサイクル可能にし、レタス1株の栽培に必要な水の量を劇的に減少させることに成功しています。


エネルギー消費の削減

『Techno Farm™』では、植物工場専用LED照明と独自の空調システムを開発し、1株あたりのエネルギーコストを30%削減しました。


食料廃棄ゼロの推進

外葉も芯も食べられる工場野菜『ベジタス』。廃棄する部分がほとんどないので、生ごみの減量が期待できます。